医療法人 口誠会 大野歯科 共感と真摯な対応
〒780-0935
高知県高知市旭町3丁目67番地1
088-873-8220

高知 歯科 口腔外科・口腔内科

HOME医師の紹介院長案内交通案内診療案内

診療案内

  • Contents
  • 初診の方へ
  • サイトマップ

口腔粘膜疾患


歯科衛生士募集
 

Mobile Site
トップページ»  診療案内

むし歯治療

虫歯の進行

【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

PageTop

歯周病治療

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

【歯周病の原因】

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

PageTop

歯の欠損、ブリッジ、入れ歯

歯の欠損、補綴治療

補綴(ほてつ)治療とは、失われた歯のを人工の歯で補う治療法です。
インプラントだけではなく、患者様のお口の状態や、ご希望に合わせ、クラウン・ブリッジ・入れ歯や義歯などを利用した、従来からある基本的なほてつ治療を大切にしています。

ブリッジ

両脇の歯を土台にして、人工の歯を橋のように架ける方法です。
歯が1~2本なくなっても、その両脇の歯がしっかりしているときに行います。

入れ歯(義歯)

むし歯や歯周病、事故などで歯や歯を支える骨の一部がなくなった場合、そのなくなったところを補う装置です。
これによって形態や見た目の不良を回復し、食事やしゃべりやすさ、審美性を改善するものです。

PageTop

口腔外科・口腔内科

口腔外科・口腔内科で扱う主な病気としては

1.炎症

親知らずの炎症、口の中の腫れ、骨髄炎、歯性上顎洞炎(蓄膿症)

2.外傷

歯の外傷(歯の破折)、口の中の傷、歯の脱臼、骨折

3.顎関節疾患

顎の音や痛み、開口障害、顎関節の脱臼

4.嚢胞

顎の中にできる嚢胞、舌や唇などの軟組織にできる嚢胞

5.腫瘍

良性腫瘍、悪性腫瘍

6.口腔粘膜疾患

口内炎、扁平苔癬、白板症、ヘルペス性口内炎、口腔乾燥、カンジダ症

7.唾液腺疾患

唾石症、唾液腺炎、シェーグレン症候群

8.神経性疾患

三叉神経痛、顔面神経麻痺

9.その他

舌痛症、睡眠時無呼吸症候群

10.手術・手技としては

抜歯、歯根端切除術、歯槽骨整形、インプラント

当院では、口腔外科専門医が診断・治療を行います。
ただし、全身麻酔が必要な手術、入院が必要な疾患の場合は、大学病院などの高次医療機関をご紹介する場合もあります。

また、口腔外科のみならず一般歯科、矯正歯科につきましても治療を行っております。
治療に関するご相談も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

PageTop